秋の大祭について

浜垢離(はまごり)

hamagori.jpg

大祭(10月の第一土曜/日曜)の1週間前に磐田市鮫島の海岸で、大祭参加者が一同に介してお祓いする行事。神職が代表で海に入り神様をお招きする神薙(かみなぎ)に向けて、お祓いとご祈願をします。終了後は、食事をしたりお囃子(はやし)を楽しみます。

 

 

前夜祭

■抽選祭

各町の若者衆・運行担当者が拝殿に参集して、山車の宮入り順を決める抽選会を行います。終了後、会所へ祭る大榊と、山車へ付ける御幣を授与します。

 

reisai1202.jpg

■例祭

 

いちばん大切なお祭です。宮司がご本殿の扉を開き、神饌と神社本庁からの幣帛料(へいくすりょう)を捧げます。宮司が祝詞を奏上し、氏子の女子が浦安の舞いを奉納。各代表者が玉串が奏奠して祈願します。終了後、拝殿前で記念の集合写真を撮影します。

 

 

■夕祭

1.明日の御神幸に際して更にお祓いをし、2.浄闇(じょうあん)の中を警蹕(オーッ)の声に導かれ神様に神輿(みこし)へお移りいただきます。3.一夜の安泰と巡幸の安全をお祈りします。

■発御祭(はつぎょさい)

氏子内巡幸をお告げして、環幸の無事をお祈りします。道中、命魚奉献の儀があるため、淡海國玉神社関係者も列します。拝殿へ集まり神輿の前に神饌を献じ、宮司が祝詞を奏上します。「お発ち〜」の声で神輿が出発します。

 

gyohou1202.jpg

■命魚奉献(めいぎょほうけん)の儀

 

全国の八幡宮に於ける特殊行事で、東参道北端の斎場で行います。国司(淡海玉神社詞)が神輿の前に生きた魚を献上して祝詞を奏上し、御清水へ放ちます。神輿は再び町内への巡幸へ出発します。

 

 

 

 

 

 

 

sinkousai1202.jpg

■還御祭(かんぎょさい)

 

境内の篝火(かがりび)に照らされて、神輿が神社に到着します。特殊神饌として粟・茄子・金柑・古代菓子をお供え、宮司が祝詞を奏上し、関係者が玉串を捧げて、祭事、神幸行事が無事に執り行われたことに感謝します。

 

 

 

■御幣返し(ごへいがえし)

祭りの最後を迎え全町の山車が神社に集まり、初日に拝受した御幣を神様にお返しします。

●氏子町内 山車一覧

 玉匣社(久保町)                     鑾留閣(西町)                     東組(東町)

01玉匣社.jpg

03東組.jpg

02鑾留閣.jpg

 


騰龍社(七軒町)                       鳴鶴軒(中町)                     志組(西新町

04騰龍社.jpg06志組(西新町)修正.jpg05鳴鶴軒.jpg心誠社(坂上町)                       石溪社(石原町)                    盛友社(田町)

07心誠社(坂上町)修正.jpg09盛友社.jpg08石溪社(石原町)修正.jpg新栄社(栄町)                        宮本(中央町)                      御殿(御殿)

10新栄社(栄町)2.jpg12御殿.jpg11宮本.jpg

鴛鴦社(桜ヶ丘)                     泉湧社(泉町)                        旭祥社(旭ヶ丘)

13鴛鴦社.jpg15旭祥社.jpg

14泉湧社.jpg


大泉(大泉町)                      本町(本町)                          み組(二之宮南)
18み組.jpg

ooizumi

17本町2.jpg

 



 

 

 

 

 

 

 

 

■抽選祭
各町の若者衆・運行担当者が拝殿に参集して、山車の宮入り順を決める抽選会を行います。
終了後、会所へ祭る大榊と、山車へ付ける御幣を授与します。
■例祭
いちばん大切なお祭です。宮司がご本殿の扉を開き、神饌と神社本庁からの幣帛料(へいくすりょう)を捧げます。宮司が祝詞を奏上し、氏子の女子が浦安の舞いを奉納。各代表者が玉串が奏奠して祈願します。終了後、拝殿前で記念の集合写真を撮影します。
■夕祭
1.明日の御神幸に際して更にお祓いをし、2.浄闇(じょうあん)の中を警蹕(オーッ)の声に導かれ神様に神輿(みこし)へお移りいただきます。3.一夜の安泰と巡幸の安全をお祈りします。
■発御祭(はつぎょさい)
氏子内巡幸をお告げして、環幸の無事をお祈りします。道中、命魚奉献の儀があるため、淡海國玉神社関係者も列します。拝殿へ集まり神輿の前に神饌を献じ、宮司が祝詞を奏上します。「お発ち〜」の声で神輿が出発します。
■命魚奉献(めいぎょほうけん)の儀
全国の八幡宮に於ける特殊行事で、東参道北端の斎場で行います。国司(淡海玉神社詞)が神輿の前に生きた魚を献上して祝詞を奏上し、御清水へ放ちます。神輿は再び町内への巡幸へ出発します。
■還御祭(かんぎょさい)
境内の篝火(かがりび)に照らされて、神輿が神社に到着します。特殊神饌として粟・茄子・金柑・古代菓子をお供え、宮司が祝詞を奏上し、関係者が玉串を捧げて、祭事、神幸行事が無事に執り行われたことに感謝します。
■御幣返し(ごへいがえし)
祭りの最後を迎え全町の山車が神社に集まり、初日に拝受した御幣を神様にお返しします。