節分祭

更新日:2018/02/10  [ 府八幡宮の日々 ]

ちょっと遅くなりましたが、節分祭のご報告です(^^)/

土曜日ということもあり拝殿前は大賑わいでした。

役員さんがたくさん写真を撮って下さったので、一部をご紹介したいと思います!

15時からの神事の様子です。

 

setubunn30

 

鳴弦の儀(めいげんのぎ)

 

meigennmeigenn2

 

鬼門、裏鬼門で所作をし、弦を鳴らして邪気を祓います。

七軒町の氏子さんが20年以上ご奉仕してくださいました。

御年90だそうですが、迫力は変わりません。

60年近く風邪をひいていないそうですΣ(・□・;)

節分祭後の寒い中お宮にみえた時も軽装で、鍛え方の根本が違うんだろうなあ…

お式は続き、豆打ちの儀

mameuti

 

宮司さんがご神前にお供えした豆をうちます。

 

続いてタオライアー奉奏

急なお願いでしたが、快諾してくださいました。

ありがとうございました。

きれいな音に癒されました。

 

taoraia-

そのころ(15時20分頃)の拝殿前の様子です。

mamemaki30mamemaki30-2

 

16時近くなってきました。

 

mamemaki30-3mamemaki30-4mamemaki30-5

 

ヤマハ発動機ジュビロ ラグビー部の

西内勇二選手、廣川翔也選手、和田源太選手にご挨拶いただき、サインボールを投げていただきました。

きれいにサインボールが飛んでいるのが見えます↑

毎年恒例、選手の皆様には干支の絵馬も書いていただいてます。

太鼓を合図にまき始め!

 

mamemaki30-6mamemaki30-7mamemaki30-8mamemaki30-9お豆、お餅、お菓子を約40名でまきました。
ジュビロの皆様にはしばらく交流していただきました。

mamemaki30-10
まききった感のあるしっぺい君。

mamemaki30-11

 

来年も2月3日に行います。

またお待ちしております。

 

 

前の日誌次の日誌