楼門工事現場見学会がありました

更新日:2014/06/09  [ 平成の全解体・修復工事 ]

暑い日が多くなりましたね。

いつの間にか半年過ぎ、快適な場所が日向から木陰に移動しました。

6月は雨が多く、お宮は暇そう・・・なんて訳にはいきません^^;

崇敬会大祭、研修旅行、東照宮祭、茅の輪、等々行事はなかなかあります。

今日は6月1日、楼門見学会 ご報告(^^)/

多数の皆様ご参加下さいました。

 

roumonnkenngaku1

 

京都伝統建築技術協会の方に八幡宮の由緒や楼門構造について等、詳しく説明して頂きました。

難しい名称もたくさんありましたが、当時の職人さんの仕事ぶりを間近で感じていただけたようで、

降りてくる皆様の顔が晴れやかになっていました。

 

roumonnkenngaku2

 

解説し続けてくださいました京都伝建の先生、足を運んで下さいました皆様、

ありがとうございましたm(__)m

中々このような大規模な修復にめぐりあう機会はないと思います。

これからも楼門を見守っていただきまた是非ご協力頂きまして、

「府八幡宮の楼門は自分が建てたんだ!」とお子さんやお孫さんに自慢して頂けたらと思います。

前の日誌次の日誌