26年合同奉仕作業

更新日:2014/04/21  [ 府八幡宮の日々 ]

昨日は二十四節気の内、「穀雨」でした。

穀物を潤す春の雨ですが、なんだか暦の通りになりましたね。

少し前後してしまいますが、先日行われました当宮の様子をお伝えしたいと思います(^_^)/

19日(土)役員・総代・婦人部合同清掃奉仕がありました。

毎年この時期に合同で境内の整備作業をご奉仕して下さっています。

広い境内ですので、グループに分かれて作業して下さいました。

そのお仕事を追ってみました↓

今年は楠保護のための土壌作り、土おこしの後の砂利さらいを氏子有志の方と。

 

tutidukuri
谷の草刈りや、
kusakari tani
枯枝の切り落とし作業。
edakiri

婦人部の皆様にはツツジが綺麗に咲きますようにと草取りをご奉仕頂きました。

 

 

huzinnbuhousi

 

境内には多くの花があり、その見頃の時期になると新聞記事にしていただいたりしています。

新聞を見てこの土日もたくさんの方が見に来てくださいました。

お参りに来て頂いた皆様が花を見ながら、また新緑の下で清々しいお気持ちになって頂くよう欠かさず氏子の皆様が整備をしてくださいます。

また、お休みのお時間を八幡宮に奉仕に来て下さる、縁の下の力持ちの方々がいらっしゃいます事、お知らせと共にこの場で感謝の気持ちを少しでもお伝えできればと思います。

お疲れ様でした。ありがとうございました。

前の日誌次の日誌