注連縄づくり、下ごしらえ

更新日:2012/09/14  [ 府八幡宮の日々 ]

今朝は久しぶりにザッと音を立てて雨が降り、少し涼しくなりました。

雨もすぐ上がり先程境内では乾いた土に水が滲みこむ音がしておりました。

今社務所北では役員さんがお祭り準備の1つ、注連縄づくりの下ごしらえをしてくださっています。

 

simenawa hakama
当宮ではお祭前に大鳥居の注連縄をつくり、付け替えます。
↑ワラの袴をとり・・

simenawa mizu
↑整えたワラに水をかけます。
明日は朝からお師匠さんたちにも来ていただき、注連縄づくりが行われます。

osimizu 2

東参道から御清水に向かって舗装計画経過、その2

コンクリート敷き詰め作業後です。
石止めのため、土に半分埋めた状態です。根も張り、ツルハシの柄が折れるほどの作業だったそうです。

ご奉仕していただきました皆様、今日もありがとうございましたm(__)m

 

 

前の日誌次の日誌