お祭に向けて〜御清水

更新日:2012/09/10  [ 府八幡宮の日々 ]

いつの間にか境内のセミも大型から小型のものが全盛になり、まだまだ元気に鳴いています。

おひさしぶりです(^_^;)
8月中は浦安、手古舞、宮係等々お祭に関する打合せがたくさんありました。
9月に入り、ますますお祭りが近いな〜と感じている今日この頃です。

お祭に向けてお宮の内外も準備が進んでいます。
陰日向となって奉仕してくれている役員さん達のお仕事ぶりを少しご紹介します。

 osinizu sagyou
御神輿が巡行する前に境内北東の斎場、御清水で“命魚奉献の儀”が執り行われます。
役員さん、神職さんが舗装・保善作業をして下さいました。
↑上は御清水の様子です。

osimizu souzi
溜まった落ち葉、泥を取り・・

osimizu keika
白石で舗装をしていただきました。(途中経過)

osimizu
なかなか見れない御清水の中。底が見えます。
数年前石原町の総代さんが御清水を掃除し、水をよみがえらせてくれました。

hebi
御清水の水を飲みに来たんでしょうか、すぐ後ろに蛇がいました。遊歩道では目撃談もありました。
藪には気を付けましょう。

kusakari housi
その藪の中、しかも暑い中草刈をしてくださる役員さん。
汗だくで、足場は斜面、苗木があり気を遣う中奉仕してくださいました。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

9月・10月の祭事を少しだけ更新しました。

お祭前に入った情報は少しずつでも お伝えできればと思います。

前の日誌次の日誌